可搬消防ポンプ等整備資格者特例講習

講習受講のご案内

 
※記載の受講料等の金額はすべて消費税率8%を適用しています。

1. 講習の内容

(1) 講習は1日間で、5時間行います。
(2) 講習科目と時間割りは、おおむね次表のとおりです。
(3) 講習の最後には、1時間の修了考査を行います。

講習科目及び時間割表

時間 講習科目等
9:10〜9:30 受付
9:30〜9:40 講習についての説明
9:40〜10:40 可搬消防ポンプ等の構造・機能(主な故障事例)
10:50〜11:50 可搬消防ポンプ等の整備要領
12:40〜15:40
15:50〜16:00 修了考査の説明
16:00〜17:00 修了考査

2. 受講資格と証明

(1) この講習は、消防職員又は消防団員を対象として行うもので、次の(1)、(2)又は(3)に該当する者で、下表の受講資格のうちいずれかに該当しなければ受講することができません。機関科等の修了証明と、それぞれの資格に応じた必要な証明書類を用意してください。

(1) 消防職員で「消防学校の教育訓練の基準(昭和45年消防庁告示第1号)」第4条の規定に基づく専科教育において、機関科の教育課程を修了した者
(2) 消防団員で「消防学校の教育訓練の基準(昭和45年消防庁告示第1号)」第8条又は「消防学校の教育訓練の基準(平成15年消防庁告示第3号)」第9条の規定に基づく専科教育において、機関科の教育課程を修了した者
(3) 上記(1)又は(2)と同等以上の教育訓練を受けた者

受講資格 必要な証明書類
1) 可搬消防ポンプ等の整備について3年以上の実務の経験を有する者
実務経験の証明
2) 甲種第1類若しくは第2類又は乙種第1類若しくは第2類の消防設備士として、可搬消防ポンプ等の整備について1年以上の実務の経験を有する者
3) 第1種消防設備点検資格者として、可搬消防ポンプ等の整備について2年以上の実務の経験を有する者
4) 第1種又は第2種のボイラー・タービン主任技術者として、可搬消防ポンプ等の整備について1年以上の実務の経験を有する者
5) 1級、2級又は3級自動車整備士技能検定合格者として、可搬消防ポンプ等の整備について1年以上の実務の経験を有する者
6) 1級、2級又は3級の海技士(機関)として、可搬消防ポンプ等の整備について1年以上の実務の経験を有する者
7) 自家用発電設備専門技術者(旧第1種自家用発電設備専門技術者、旧第2種自家用発電設備専門技術者を含む。)又は可搬形発電設備専門技術者(旧第3種自家用発電設備専門技術者を含む。)として、可搬消防ポンプ等の整備について1年以上の実務の経験を有する者
免状等の写し(コピー等)及び実務経験の証明
(2) 受講資格を偽って申請した場合には、免状を取得してもその資格は喪失します。
back next