手引・受講申請・延長申請・住所異動・免状再交付・免状書換

1.講習の手引

印刷するときの注意(必ずお読みください。)
(1) 消防設備点検資格者講習
ア.第1種・第2種(全12枚:共通)
イ.特種(全12枚)
(2) 防火対象物点検資格者講習(全16枚)
(3) 防災管理点検資格者講習(全12枚)
(4) 自衛消防業務講習
ア.新規講習(全8枚)
イ.再講習受講案内(全8枚)
※東京都で実施する講習は、防災センター要員講習と合わせて実施しますので、詳しくは、(一社)東京防災設備保守協会ホームページをご覧ください(URL:http://www.hosyu-kyokai.or.jp/)。
(5) 可搬消防ポンプ等整備資格者講習
ア.講習(全11枚)
イ.特例講習(全11枚)


2.受講申請書等

印刷するときの注意(必ずお読みください。)
=受講申請書類を印刷する場合は、1/2と2/2ページを両面印刷し、 2/2ページ目にある氏名欄にも忘れずに記入して下さい。=
(1) 消防設備点検資格者講習 ※1
ア.第1種受講申請書(全3枚)
イ.第2種受講申請書(全3枚)
ウ.特種受講申請書(全3枚)
エ.科目免除申請書(第1種・第2種共通)(全2枚)
オ.科目免除申請書(特種)(全2枚)
(2) 防火対象物点検資格者講習 ※2
ア.講習受講申請書(全3枚)
イ.科目免除申請書(全2枚)
(3) 防災管理点検資格者講習 ※2
ア.講習受講申請書(全3枚)
イ.科目免除申請書(全2枚)
(4) 自衛消防業務講習
ア.新規講習受講申請書(全3枚)
イ.新規講習科目免除申請書(全1枚)
ウ.再講習受講申請書(全3枚)
※東京都で実施する講習は、(一社)東京防災設備保守協会 の指定する受講申請書をご利用ください。
なお、受講申請書は(一社)東京防災設備保守協会ホームページからご入手いただけます(URL:http://www.hosyu-kyokai.or.jp/)。
(5) 可搬消防ポンプ等整備資格者講習 ※2
ア.講習受講申請書(全3枚)
イ.特例講習受講申請書(全3枚)
※1 再講習受講案内を必要とする方は、再講習種別を明記の上、安全センター業務部宛に次の返信用封筒をお送りください。
・第1種及び第2種再講習受講案内希望の場合
 140円切手貼付の返信用封筒(定形23cm×12cm)1通
・第1種又は第2種再講習受講案内希望の場合
 92円切手貼付の返信用封筒(定形23cm×12cm)1通
※2 再講習受講案内を必要とする方は、安全センター業務部宛に92円切手貼付の返信用封筒(定形23cm×12cm)1通をお送りください。


3.再講習受講期限延長申請

=申請書は2ページ目にあたりますが、必ず1ページ目の「申請上の留意事項」をお読みください。=
印刷するときの注意(必ずお読みください。)
(1) 消防設備点検資格者(全2枚)
(2) 防火対象物点検資格者(全2枚)
(3) 防災管理点検資格者(全2枚)
(4) 可搬消防ポンプ等整備資格者(全2枚)


4.住所等異動届

住所又は勤務先が変った場合には、住所等異動届用紙をこちらからダウンロードし、手続きしてください。
 免状有効期限の2、3ヶ月前を目処に、変更後の住所へ再講習受講案内をお送りいたします。
印刷するときの注意(必ずお読みください。)
(1) 消防設備点検資格者(全1枚)
(2) 防火対象物点検資格者(全1枚)
(3) 防災管理点検資格者(全1枚)
(4) 自衛消防業務講習修了者(全1枚)
(5) 可搬消防ポンプ等整備資格者(全1枚)


5.免状・修了証紛失届

再講習受講申請時に免状・修了証を紛失している場合には、こちらの紛失届を免状・修了証の写しに代えて申請書提出先に提出してください。
印刷するときの注意(必ずお読みください。)
(1) 消防設備点検資格者(全1枚)
(2) 防火対象物点検資格者(全1枚)
(3) 防災管理点検資格者(全1枚)
(4) 自衛消防業務講習修了者(全1枚)
(5) 可搬消防ポンプ等整備資格者(全1枚)


6.免状・修了証の再交付

(1) 免状・修了証を亡失、滅失、破損又は汚損した場合には、再交付申請をしてください。
(2) 再交付には手数料が必要です(払込手数料は申請者負担)。
○免状の再交付手数料 1,640円(消費税込)
○修了証の再交付手数料 1,020円(消費税込)
(3) 再交付を行う場合には、82円切手を貼付した返信用封筒(定型)を同封し、安全センターへ申請用紙及び手数料の払込用紙を請求してください。


7.免状・修了証の書換え

(1) 本籍(都道府県名)又は氏名が変った場合には、書換申請をしてください。
(2) 書換えには手数料が必要です(払込手数料は申請者負担)。
○書換え手数料 820円(消費税込)
(3) 書換えを行う場合には、82円切手を貼付した返信用封筒(定型)を同封し、安全センターへ申請用紙及び手数料の払込用紙を請求してください。