自衛消防業務追加講習

※記載の受講料等の金額はすべて消費税率8%を適用しています。
 消防法施行規則(昭和36年自治省令第6号)第4条の2の14第1項の規定に基づき、自衛消防業務新規講習の課程を修了した方又は自衛消防組織の業務に関する講習(追加講習)の課程を修了した方(以下「自衛消防業務講習修了者」という。)に対する再講習を次により実施します。

1. 再講習の受講期限

 自衛消防業務新規講習及び追加講習の課程を修了した方は、当該講習の課程を修了した日以後における最初の4月1日から5年以内に再講習の課程を修了しなければならないとされています。また、当該再講習の課程を修了した日以降においても同様とされています(平成20年消防庁告示第14号及び告示第15号、改正 平成23年消防庁告示第8号)。
 なお、再講習の課程を修了しなければ、自衛消防組織の統括管理者及び本部隊の班長(消防法施行規則第4条の2の11の第1号から第4号に規定する班長)の任に就くことができません。

2. 再講習の内容

(1) 講習は、5時間実施されます。
(2) 講習科目と時間割は、おおむね次表のとおりです。
(3) 講習の最後には、1時間の効果測定が行われます。
※東京都で実施する講習は、防災センター要員講習と合わせて実施しますので、詳しくは、(一社)東京防災設備保守協会ホームページをご覧ください(URL:http://www.hosyu-kyokai.or.jp/)。

再講習科目及び時間割表

時 間 再講習科目等
09:00〜09:20 受付
09:20〜09:30 再講習についての説明
09:30〜10:30 防火管理、防災管理及び消防用設備等に関する制度改正の概要
10:40〜11:40 災害事例研究
12:40〜14:40 自衛消防組織の統括管理者及び要員の災害時における対応に係る総合訓練
14:50〜15:50 効果測定
15:50〜16:10 修了証交付
※再講習会場の都合により、時間割は変更することがあります。

3. 効果測定

(1) 効果測定は「法令関係(防災管理に関する一般知識、自衛消防組織及びその要員の役割と責任並びに災害時における具体的対応)」及び「自衛消防組織の訓練関係(地震災害時における対応及びその訓練の実施方法)」に2分類して、それぞれ3問ずつ合計6問を出題し、各分類ごとに50%以上で、全体の出題数の70%以上正解した方を合格とします。
(2) 効果測定は、テキスト持込みを認めます。
(3) 再講習の課程を修了した方には、修了証を交付します。

4. 再度必要な科目講習

 効果測定の結果、再講習内容についての理解が十分でないと判断される方につきましては、効果測定後に、再度必要な科目の講習(補講)を受けていただきます。
back next