特種・第1種・第2種 消防設備点検資格者再講習

再講習受講のご案内

 
 消防法施行規則(昭和36年自治省令第6条)第31条の7第2項の規定に基づき、消防設備点検資格者に対する再講習を次により実施します。

1. 再講習の受講期限

 消防設備点検資格者免状(以下「免状」という。)の有効期限は、免状の交付を受けた日(交付年月日)以後における最初の4月1日から5年以内となります(平成12年消防庁告示第14号)。
 また、再講習受講期限の延長が認められている場合にあっては、「再講習受講期限延長承認書」(以下「延長承認書」という。)に記載されている延長期限の日までとなります。

2. 再講習の内容

(1) 再講習はおおむね5時間実施されます。
(2) 再講習科目と時間割は、おおむね次表のとおりです。

3. 再講習科目及び時間割表

時 間 第1種・第2種 特 種
9:20〜9:40 受 付
9:40〜9:50 再講習についての説明
9:50〜10:50 点検概論
おおむね過去5年間における消防用設備等及び特殊消防用設備等に関する法令改正の概要
  消防設備点検資格者の責務
  点検上の一般的留意事項
おおむね過去5年間における令第29条の4第1項に定める必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等に関する法令改正の概要
  消防設備点検資格者の責務
  点検上の一般的留意事項
11:00〜12:00 点検実務
消防用設備等の点検上の留意事項
  主要な点検箇所と点検方法
  処置方法
  おおむね過去5年間に総務大臣の認定を受けた主な特殊消防用設備等の概要
  設備等設置維持計画に基づく点検を行う上での留意事項
  特殊消防用設備等に係る点検事例
12:50〜16:00 点検実務 同 上 同 上
16:00〜 免状交付
注:再講習科目の一部(点検概論)が免除された者の受付時間は、午前10時30分から10時50分までです。

4. 科目免除

 次に掲げる方は、申請することにより再講習科目のうちの点検概論(1時間)の講義が免除されます(平成16年消防庁告示第18号第8)。
第1種を受講される方
(1) 第2種又は特種の再講習を受けた後、第1種の再講習受講日が6か月以内の方
(2) 消防設備士講習(消防法第17条の10に定める講習)を受けた後、第1種の再講習受講日が6か月以内の方
第2種を受講される方
(1) 第1種又は特種の再講習を受けた後、第2種の再講習受講日が6か月以内の方
(2) 消防設備士講習(消防法第17条の10に定める講習)を受けた後、第2種の再講習受講日が6か月以内の方
特種を受講される方
(1) 第1種又は第2種の再講習を受けた後、特種の再講習受講日が6か月以内の方
(2) 特類の甲種消防設備士講習(消防法第17条の10に定める講習)を受けた後、特種の再講習受講日が6か月以内の方

5. 受 講 料 等

(1) 受講料は、以下となります。

金 額(消費税10%込)内  訳
9,910円@受講料:8,350円
A免状交付手数料:1,560円

払込みには、所定の払込手数料が必要です。なお、請求書、領収書は発行いたしません。
(2) 受講料及び免状交付手数料の払込は、所定の払込取扱票により、郵便局又はゆうちょ銀行の窓口でお支払ください。
払込取扱票の「振替払込受付証明書(お客さま用)受講申請書同封用=コピー不可」に日附印が押印されていないと受講できませんので、ATM機では払込まないでください。(ATM機での払込みは不可) 
(3) 郵便局又はゆうちょ銀行の窓口で受領した「振替払込受付証明書(お客さま用)受講申請書同封用=コピー不可を再講習受講申請書に貼り付けずに、そのまま同封してください。(本人控え用の「振替払込請求書兼受領証」では受講できませんので注意してください。)
(4) 「振替払込受付証明書(お客さま用)受講申請書同封用=コピー不可を紛失しても安全センターでは、責任を負えません。紛失した場合は、再度払込みをしてください。

【払込取扱票】(必ず指定の振込用紙を使用してください。)
 
back next