消防庁の検討会資料等

更新日:2018年02月23日

消防庁の検討会資料等
 
【予防行政のあり方に関する検討会】
 予防行政のあり方に関する検討会では、ホテル火災対策検討部会の設置について、福祉施設に係る用途区分の諸課題について、高齢者や障がい者に適した火災警報装置の調査検討事業について検討されています。
 
予防行政のあり方に関する検討会の会議資料はこちら (平成24年度)
(平成25年度)
(平成26年度)

【消防用設備等点検報告制度のあり方に関する検討部会】
 消防用設備等点検報告制度における主な課題である、点検報告率が低調であること、地域によって報告率に大きな差異があることなどについて検討されています。
 
消防用設備等点検報告制度のあり方に関する検討部会の会議資料はこちら (平成27年度)
(平成28年度)
(平成29年度)

【糸魚川市大規模火災を踏まえた今後の消防のあり方に関する検討会】
平成28年12月22日に発生した新潟県糸魚川市の大規模火災を受けて、発足されたものです。

糸魚川市大規模火災を踏まえた今後の消防のあり方に関する検討会の会議資料はこちら (平成28年度)
(平成29年度)
 報告書の公表

【埼玉県三芳町倉庫火災を踏まえた防火対策及び消防活動のあり方に関する検討会】
平成29年2月16日に発生した埼玉県三芳町の倉庫火災を受けて、発足されたものです。

埼玉県三芳町倉庫火災を踏まえた防火対策及び消防活動のあり方に関する検討会の会議資料はこちら (平成28年度)
(平成29年度)
 報告書の公表
【ホテル火災対策検討部会】
 平成24年5月13日に発生した広島県福山市のホテル火災を踏まえ、ホテル・旅館等の火災被害拡大対策等について検討を行うため発足されたものです。主な検討内容としては、火災被害拡大対策の検討(各種規制について)、火災予防行政の実効性向上に係る検討(立入検査体制について、違反処理体制について、火災予防上危険な建物への対応について)が揚げられています。

ホテル火災対策検討部会の会議資料はこちら (平成24年度)
(平成25年度)
 報告書の公表

【認知症高齢者グループホーム等火災対策検討部会】
 平成25年2月8日に発生した長崎県長崎市の認知症高齢者グループホーム火災を受けて、発足されたものです。主な検討内容は、火災時の人的対応、被害の拡大要因、より高い安全性の確保に向けた論点について検討されています。

認知症高齢者グループホーム等火災対策検討部会の会議資料はこちら (平成24年度)
(平成25年度)
 報告書の公表

【障害者施設等火災対策検討部会】
 消防法令上、認知症高齢者グループホーム等と同等の火災危険性があるとされている障害者施設等においても、高齢者社会福祉施設に係るスプリンクラー設備の設置基準に合わせて、面積に関係なくスプリンクラー設備の設置を原則義務化にすることについて検討されています。

障害者施設等火災対策検討部会資料は こちら
報告書の公表

【屋外イベント会場等火災対策検討部会】
 平成25年8月15日に福知山花火大会火災を踏まえ、屋外におけるイベントに対して、一定の防火管理体制等の設備について検討されています。



屋外イベント会場等火災対策検討部会資料は こちら
報告書の公表

【南海トラフ大地震・首都直下地震等に対応した消防用設備等のあり方に関する検討部会】
大地震発生に備えた消防用設備等の設置基準のあり方について下記の課題を踏まえて検討されています。

1.現行の消防用設備等の設置基準の課題
2.大規模地震発生時にも機能を維持すべき消防用設備等
3.スプリンクラー設備等の設置基準に大規模地震に備えた耐震基準を新設
4.建物の深層化に対応した消防無線の不感の解消について
5.その他必要な措置(老朽化した自家発電設備・消火用ポンプ等の点検基準の見直しの検討)

南海トラフ大地震・首都直下地震等に対応した消防用設備等のあり方に関する検討部会の会議資料はこちら

【有床診療所・病院火災対策検討部会】
 平成25 年10 月11 日に福岡県福岡市において発生した有床診療所火災の教訓を踏まえ、有床診療所・病院等の火災被害拡大防止対策及び火災予防行政の実効性向上等に関する検討が行われました。

有床診療所・病院火災対策検討部会の会議資料はこちら (平成25年度)
(平成26年度)
 報告書の公表