知っておきたい防火対象物に表示されるマーク

ホテル・旅館等に対する「表示マーク」って何ですか?
A1

 ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合していると認められた建物に対して、消防機関から表示マークを交付する制度です。
 表示マークの交付を受けた関係者は、表示マークを建物やホームページに掲出して防火安全情報を提供することができます。

 
ホテル・旅館等における表示制度
表示マーク(金) 表示マーク(銀)
 

●表示対象物
*その他の防火対象物については、消防機関によって異なる場合がありますので、お近くの消防機関にお問い合わせください。
@ 地階を除く階数が3以上のもの
A 収容人員が30名以上のホテル・旅館等(複合用途の建物内にホテル・旅館等がある場合を含む。)

●表示マークの申請書類一覧
@表示マーク交付(更新)申請書
A防火対象物(防災管理)点検結果報告書(申請日から過去1年以内に実施した報告書)
  又は
  防火対象物(防災管理)点検報告特例認定通知書(申請日直近の認定通知書)
B消防用設備等(特殊消防用設備等)点検結果報告書(申請日から過去1年以内に実施した報告書)
C製造所等定期点検記録表(申請日から過去1年以内に実施した報告書)
D特殊建築物定期調査報告書(直近の適調査の期間内に行ったもの)
Eその他消防機関が必要と認める書類

●関係通知
防火対象物の表示制度について(消防庁ホームページ)
防火対象物に係る表示制度の実施について(平成25年10月31日付け消防予第418号)
防火対象物に係る表示制度の実施細目等について(平成25年10月31日付け消防予第419号)
表示マークの掲出及び使用開始日等について(平成26年2月12日付け消防予第39号)
「表示制度における建築構造等審査マニュアル」の送付について(平成25年12月27日付け消防予第499号)
防火対象物に係る表示制度の実施に伴う「旅館ホテル防火安全対策連絡協議会における了解事項」の運用について(平成26年3月7日付け消防予第60号)
ホームページ等における表示マークの使用方法等について (平成26年3月7日付け消防予第61号)
防火対象物に係る表示制度の執務資料の送付について(平成26年3月24日付け消防予第100号)