違反是正に関する消防法の改正について

更新日:2016年2月15日

主な改正点
■違反是正の徹底(平成14年10月25日施行)
消防機関による立入検査の時間制限の撤廃
消防機関が効率的かつ実効性のある立入検査を行えるよう、消防職員が行う立入検査について事前通告なしに24時間いつでも行えるようになりました。
命令した場合の標識の設置等
防火対象物に火災予防上の危険があることや、消防法令違反があり、消防機関によって措置命令が発せられた場合には、その旨の標識を設置するなどして、利用者や周辺住民の方が不測の損害を被ることのないように情報提供することとされました。

■防火管理の徹底(平成15年10月1日施行)
防火対象物定期点検報告制度の新設
一定の建物(一般住宅を除く)の管理について権原を有する者は、防火対象物点検資格者(新設)に防火管理状況を点検させ、その結果を消防署へ報告することが義務づけられました。
防火対象物定期点検報告制度

■避難・安全基準の強化(平成14年10月25日施行)
避難上必要な施設等の管理の義務付け
ビル等の管理者に廊下、階段、避難口等に物件がみだりに存置されないように管理することが法律上義務づけられました。

■罰則の強化(平成14年10月25日施行)
例えば、消防法違反を改修するよう「命令」され、その命令に従わなかった場合の罰則が引き上げられ、最高1億円となりました。
消防法罰則規定一覧