消防設備業総合保険のご案内
home
消防設備業総合保険タイプ選定
A型 賠償責任保険(保守業務用)
B型 賠償責任保険+組立保険(新設・増設工事用)
C型 労災上乗せ保険
D型 賠償責任保険 (消防防災訓練用)
F型 パソコン保険(IT&S)
G型 賠償責任保険 (防火対象物点検業務用)
PS型 PL保険(販売業務用)
タイプ選定 フローチャート
加入手続・資料請求
保険会社
設備協会一覧
G型 賠償責任保険 (防火・防災点検業務用)  
施設賠償責任保険+生産物賠償責任保険
防火対象物定期点検を行う皆さまのために
 「防火対象物定期点検報告制度」または「防災管理定期点検報告制度」に基づく点検業務を実施する防火対象物点検資格者または防災管理点検資格者が、点検業務に起因して他人の身体・生命を害したり他人の財物を損壊したことにより被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合における損害賠償金、訴訟費用、弁護士費用等に対して保険金をお支払いします。
保険金額および保険料
(保険期間1年)
1事故および年間総支払限度額
(対人・対物共通)
1.5億円
1事故あたりの免責金額
(自己負担額)
5,000円
保険料
(資格者1名、1年間につき)
4,800円
保険期間中に資格者が増員した場合には、翌年度満期日までの中途加入をいただくこととなります(保険料は月割りで算出します。)。
同一の方が両方の資格をお持ちの場合は、2名分の保険料が必要となります。
ご加入時に把握可能な最近の会計年度等の資格者数に基づいてご加入ください。保険期間中の資格者数の増減による精算は原則として行いません。なお、ご申告いただいた資格者数が実際に把握可能な最近の数値に不足していた場合には、その不足する割合により保険金を削減することになりますのでご注意ください。
補償の範囲および対象となる業務
被保険者(補償を受けることができる方)の範囲は、有資格者(防火対象物点検資格者・防災管理点検資格者)を使用して防火対象物点検または防災管理点検を行う業者であり、対象となる業務は、消防法令に基づき行われるものにかぎります。
イメージ画像
補償内容
保険金支払い
の対象となる
主な場合
防火対象物点検資格者または防災管理点検資格者が、対象となる点検業務に起因して保険期間中に日本国内で、他人にケガを負わせたり、他人の財物を損壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負担すべき事故が発生した場合に被る損害に対して保険金をお支払いします。
 〈具体例〉
 ・ホール内を点検業務中に飾ってあった壷に触れ、破損してしまった。
 ・点検業務中、荷物を落としてしまい、点検先企業の社員にケガを負わせた。
お支払いする
保険金および
保険金の
お支払い方法
〔法律上の損害賠償金〕支払限度額が限度となります。
1. 身体賠償の場合
 
(イ) 治療費
(ロ) 休業損失(死亡の場合は、本人が将来得られたはずの収入の喪失)
(ハ) 慰謝料 など
2. 財物賠償の場合
 
(イ) 財物の滅失の場合…滅失時の時価額
(ロ) 財物の汚損・破損の場合…現状に回復するに要する修理費
(修理費は事故発生時の財物の時価額を限度とします。)
(ハ) 前記(イ) または(ロ) に起因する店舗等の休業補償 など
3. (その他)
 
(イ) 引受保険会社の書面による同意を得て支出した弁護士費用等の争訟費用
(ロ) 他人から損害賠償を受ける権利の保全・行使、またはすでに発生した事故に係る損害の発生・拡大の防止のために、引受保険会社の書面による同意を得て支出した必要または有益な費用
(ハ) 他人から損害賠償を受ける権利の保全・行使、またはすでに発生した事故に係る損害の発生・拡大の防止のために必要な手段を講じた後に賠償責任がないことが判明した場合において、応急手当、護送等緊急措置に要した費用または引受保険会社の書面による同意を得て支出したその他の費用
(ニ) 引受保険会社が被保険者に代わって損害賠償請求の解決に当たる場合において、引受保険会社の求めに応じて協力するために支出した費用
【保険金のお支払い方法】
上記【損害賠償金】は、その額から免責金額(自己負担額)を差し引いた残額に対して支払限度額を限度に保険金をお支払いします。
上記【その他】の費用については、原則としてその全額が保険金のお支払対象となります。
ただし、(イ)の争訟費用について、損害賠償金の額が支払限度額を超える場合は、「支払限度額÷損害賠償金」の割合によって削減して保険金をお支払いします。
保険金を
お支払い
できない
主な場合
被保険者の故意による損害
戦争、暴動、騒じょう、労働争議、地震、噴火、津波、洪水、高潮による損害
被保険者と同居する親族に対する賠償責任
被保険者の使用人が業務中に被った身体障害に起因する賠償責任
自動車(原動機付自転車を含みます。)、航空機、施設外における船舶の所有、使用もしくは管理に起因する賠償責任
消防用設備等の作動確認を防火対象物点検資格者または防災管理点検資格者自らが行ったため、発生した事故に起因する賠償責任
所定の資格を有しない者が遂行した点検業務に起因する損害賠償責任
点検業務の不作為に起因する損害賠償責任
消防用設備等の作動確認作業に起因する損害賠償責任  など
※詳細につきましては、賠償責任保険普通保険約款および付帯される特約・追加条項をご覧ください。
Page Top
※このページは概要の説明です。ご加入の際には必ずパンフレットをご覧ください。
Copyright(C) 一般財団法人 日本消防設備安全センター