PL事故情報

0.gif

■誘導灯発火事故の再発防止を更に推進

対象製品の外観
40W×2灯   40W×1灯   35W×1灯
40W×2灯 40W×1灯 35W×1灯
注)表示板には白地に緑表示のもの(室内通路誘導灯)もあります。
1.事故の概要
大形・薄型タイプの誘導灯に関し、これまでに以下の4件の発火事故が発生しました。このうち電源周波数50Hz地区における3件については、誘導灯の安定器の樹脂カバーが安定器に近接しているため、安定器の巻線が寿命劣化により短絡したとき、その発熱により樹脂カバーが溶融し、発火したもので、メーカー(東芝ライテック株式会社)では平成17年5月から50Hz地域を対象として改修を行っていました。
こうした中、4件目が60Hz地区で発生し、原因調査の結果、同様の原因で発火に至った可能性があるとされたことから、点検修理の対象地域を60Hz地域にも広げることとしたものです。

(1)平成11年11月発生 50Hz 新潟県  大学体育館
(2)平成17年 1月発生 50Hz 宮城県  ホームセンター
(3)平成18年 1月発生 50Hz 北海道  斎場
(4)平成18年 1月発生 60Hz 三重県  スーパー


2.修理対象製品及び修理の方法
 メーカーでは、平成17年5月から50Hz地域において、対象製品の樹脂カバーを、内側に鉄板を貼り付けたものに交換することで事故の再発防止を図ってきましたが、前述のとおり点検修理の対象地域を60Hz地域にも広げたことから、60Hz地域においても同様の修理を進めるとのことです。


3.メーカーからの協力依頼事項
 メーカーでは、同種製品による再発防止のため、平成18年2月21日の各新聞紙上において本件修理に関する告知を行ったほか、販売ルートを通じて設置対象物の関係者に修理を呼びかけるとともに、消防用設備等又は防火対象物の点検を実施する点検資格者や点検事業者の協力に期待しています。


4.メーカへの問い合わせ等
 点検修理の対象となる製品の見分け方、形名、対象製品が確認された場合の連絡方法等についての問い合わせは、次のホームページ等で確認できます。

→東芝ライテック株式会社のホームページ
http://www.tlt.co.jp/tlt/index_j.htm

→電話等による問い合わせ先
東芝ライテック株式会社 誘導灯点検修理 受付センター
電 話 0120-176-890 FAX 0120-186-890
受付時間/9:00〜17:00(土・日・祝除く)


5.消防庁の対応
事故の報告を受けた消防庁では、都道府県を通じて全国の消防本部に対して、防火対象物関係者、消防設備点検資格者等に対し注意を喚起し、再発防止に協力するよう要請しています(「誘導灯に起因する火災の発生とその対応について」(平成17年4月28日付け消防予第89号)および「誘導灯に起因する火災の発生に係る注意喚起について」(平成18年2月15日付け事務連絡「別紙1、2(略)」)参照)。


6.(財)日本消防設備安全センターの対応
(財)日本消防設備安全センターでも、消防庁の協力要請を受けて、都道府県消防設備保守協会や大都市所在の消防防災事業団体等に協力を要請しています。