消防設備業総合保険のご案内
home
消防設備業総合保険タイプ選定
A型 賠償責任保険(保守業務用)
B型 賠償責任保険+組立保険(新設・増設工事用)
C型 労災上乗せ保険
D型 賠償責任保険 (消防防災訓練用)
F型 パソコン保険(IT&S)
G型 賠償責任保険 (防火対象物点検業務用)
PS型 PL保険(販売業務用)
タイプ選定 フローチャート
加入手続・資料請求
保険会社
設備協会一覧
資料請求はこちら
加入手続き・資料請求に際して
新規加入及び更新の場合…
(1) この保険は、各都道府県消防設備協会会員およびラベル表示登録会員の方が加入対象となります。
(2) 保険の効力は、毎年10月1日から1年間となります。この期間中に生じた事故が保険の対象となります。
(3) 「加入依頼書」に所定の事項を記載もれ・記載間違いのないよう(特に総売上高は、保険料算出の基礎になります。)ご記入のうえ、所属の各都道府県消防設備保守協会へ8月末日までに送付してください。
(4) 「加入依頼書」到着後、安全センターにて請求書を作成し、銀行振込用紙とともに送付いたしますので、所定の保険料を9月15日(15日が休日の場合直前営業日)までに到着するようお振り込みください。
(5) 送金と着金にズレが生じる場合がありますので、できるだけ早く現金にて(小切手不可)お振り込みください。
(6) 所定の保険料が未着の場合には、事故が発生しても保険金をお支払いできませんのでご注意ください。
(7) 加入証明書は大切に保管して下さい。保険始期後2ヶ月を経過しても加入証明書が届かない場合は、取扱代理店までご連絡ください。
(8) 補償内容が重なる他の保険契約がある場合は、必ずご連絡ください。
 中途加入は…
(1) 月末までに保険料が着金した場合は翌月1日から、14日までに着金した場合は15日から、保険責任が開始されるよう、月2回加入日を設定しています。
(2) 中途加入の場合も売上高等は、前年度の年間総売上高をご申告ください。保険料は、保険終期までの残り月数分を月割でご請求します。
フローチャート画像
事故が発生したら…
(1) 万一事故が発生した場合もしくはそのおそれがある場合は、被害の発生もしくは拡大を防止軽減するために、消防用設備等の検査、修理、改修等の適切な処置をしてください。
(2) また、ただちに電話等により協会、代理店(フェスクサービス)もしくは地区担当幹事保険会社へ事故内容を連絡してください(連絡先は、加入証明書裏面に記載)。事故の円満な解決のために適切なアドバイスをいたします。
(保険会社が被保険者にかわり示談代行をすることはできません。)
安心 (イ)契約者名=(財)日本消防設備安全センター

(ロ)加入者名=被保険者=貴社

(ハ)事故発生の日時、場所

(ニ)被害者の住所・氏名・連絡先

(ホ)事故の状況、原因

(ヘ)加入証明書の引受番号・・・・・・など
なお、発生した事故の内容等により、次年度以降ご加入をお断りすることがありますので、あらかじめご了承ください。
(3) 示談交渉は、保険会社と相談しながらおすすめください。保険会社に相談なく示談した場合には、保険金をお支払いできなくなることがありますので、ご注意ください。
(4) 保険金請求の際、売上高の確認をさせていただく場合があります。
(5) ご加入後に住所、契約内容等を変更する場合は、代理店にご連絡ください。補償内容が重複する他の保険契約に加入される場合もご連絡ください。ご連絡のないまま万一事故を起こされますと、保険金をお支払いできないことがあります。
資料請求はこちら
Page Top
Copyright(C) 一般財団法人 日本消防設備安全センター