CFASDM 消防・危機管理用具研究協議会  協議会概要


消防・危機管理用具研究協議会






















 米国の同時多発テロや、国内でのサリン事件など特殊災害の発生、また、地震防災対策強化地域の拡大や、近年の火山活動の様相から大規模災害に対する防災意識は高揚しています。しかしながら、特殊災害、大規模災害に対処する消防機関が使用する消防活動用資機材としての性能や、これら災害から市民が避難する際に使用する呼吸用保護具などの性能については、明確な基準が定められておりませんでした。

 そこで、一般財団法人日本消防設備安全センターに「消防・危機管理用具研究協議会(英文名Council of Fire Appliances Standard for Disaster Management 略称 CFASDM シーファスダム)」が設立されました。ここでは、防災製品の適切な基準及び品質・性能の評価について調査・研究などを行っています。


 消防・危機管理用具研究協議会は、次の事項について調査・研究を行います。
(1)救助資機材の性能基準に関すること
(2)救助資機材の品質及び性能の評価に関すること
(3)呼吸用保護具等の防災製品の性能基準に関すること
(4)呼吸用保護具等の防災製品の品質及び性能の評価に関すること
(5)消防・危機管理用具に係る国際規格との整合等に関すること
(6)その他必要な事項


救助隊用ろ過式呼吸用保護具 CFASDM 001
救助隊用給気式呼吸用保護具 CFASDM 002
救助隊用化学防護服 CFASDM 003
避難用ろ過式呼吸用保護具 CFASDM 004
避難用給気式呼吸用保護具 CFASDM 005



Copyright(C)2013 消防・危機管理用具研究協議会