CFASDM 消防・危機管理用具研究協議会 一般市民用 給気式呼吸用保護具


消防・危機管理用具研究協議会




















 特殊災害及び大規模災害時に一般市民が避難時に使用する給気式呼吸用保護具の構造要求及び性能要求についての最低限必要な事項を規定したもので、概要は次のとおりである。

1.種類
 呼吸ガスの種類(酸素か空気)及び供給方式(循環式か開放式)により、酸素循環式と空気開放式とし、その中で構造により6種類がある。

2.使用時間による区分
 
15分用、10分用及び5分用がある。市民が避難する際の保護具の大きさ、重さなどを考慮したとき、適用される試験条件下で技術的な限界として15分用が、また、大半の建物火災時でも避難可能最短時間としても5分以上確保する必要性能を、さらにその中間として10分用を規定した。



Copyright(C)2013 消防・危機管理用具研究協議会